ネットで調べた病院で中絶を行いました

まずはカウンセリングから始めた

中絶 病院選び | 中絶手術の病院

不倫の代償 | まずはカウンセリングから始めた | 困ったらまずは相談

これで一気に気分的には楽になりました。
私が調べたところでは、予約を入れて血液検査や子宮をエコーで調べて、手術の予約をとり、術前準備を行わずいきなり手術ができる、なおかつ痛みも静脈麻酔なども使いながら行うので、無痛でできるというものでした。
やはり、痛みというのはとても怖かったですし、子宮を広げる装置を入れるというのも痛いときいていたことがあったので、その点が不安だったこともあり、無痛でしかも、日帰りでも出来るということがわかったのでほっとしました。
同意書というものが必要になり、それは相手に記入してもらうことになりました。
私の場合には、同意してくれたのでよかったのですが、相手がわからない、相手と連絡が取れない、強姦されてしまった、相手が逃げたなどの理由で同意書にサインしてもらえないケースもあるようで、そういった場合にも対応してもらうことができるようでした。
中絶では、初期では日帰りでできるのですが、中期になりますと、陣痛を起こして行う方法になっていくこともあり、タイムリミットがあるということだったのですが、私の場合には毎月生理が定期的にきていたこともあり、こなくてすぐに気づくことができたということもあったので、初期の方法で出来ました。
口コミ評判でも評価が高かったクリニックで予約を取り、カウンセリングから始めていきました。